木場健之の経歴wikiプロフィール!長年宝塚歌劇団を支えた立役者

木場健之の経歴wikiプロフィール!長年宝塚歌劇団を支えた立役者宝塚歌劇団
スポンサーリンク

兵庫県宝塚市に本拠地を置く歌劇団の宝塚歌劇団は

創設の当初から「老若男女誰もが楽しめる国民劇」を目指し、

日本で初めてレヴューを上演した劇団として有名です。

そんな宝塚家劇団は阪急阪神東宝グループのエンターテイメント・コミュニケーション事業ということを知らない人も多いと思います。

そのため、運営は阪急電鉄創遊事業本部歌劇事業部が行っており、理事長である木場健之さんも

阪神電鉄執行役員の1人です。

今回は宝塚歌劇団の現理事長である木場健之さんの経歴プロフィールを調査していきたいと思います。

木場健之の経歴プロフィール

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d_14048222.jpg

名前:木場健之(こば けんし)

生年月日:不明

年齢:60歳

出身地:不明

家族:不明

役職:宝塚歌劇団理事長、阪神電鉄執行役員

木場健之さんは現在60歳、阪神電鉄執行役員かつ宝塚歌劇団理事長を務めています。

理事長になるまでは阪神電鉄働いていたり、宝塚歌劇団のいろんな部署で働いた経歴があります。

木場健之さんの経歴についてもう少し調べていきたいと思います。

木場健之が宝塚歌劇団の理事長になる前

木場健之さんが宝塚歌劇団の理事長になる前は以下の時系列となります。

1986年:東京大学法学部卒業

1986年4月:阪急電鉄入社

2005年4月:宝塚歌劇団の制作部月組プロデューサーに就任

2010年:宝塚クリエイティブアーツの営業部長に就任

2019年4月:宝塚音楽学校の副校長に就任

2020年4月:理事副校長に就任

2020年10月:宝塚歌劇団理事に就任

2021年4月:宝塚歌劇団理事長に就任

木場健之さんは東京大学法学部を卒業後、阪急電鉄に入社しています。

阪急電鉄に19年間勤務されており、

その後、宝塚歌劇団や宝塚音楽学校の職について働いています。

木場健之さんが宝塚歌劇団の理事長に就任した時にスポーツ紙にコメントをしています。

コメントの内容としては、

責任の重大さに身を引き締める思いとコメントされ、

コロナ禍による戦後初の長期休止で大きな試練の年となるため、宝塚歌劇が果たすべき役割として

お客様に夢と希望を感じていただける舞台をお届けしようと、

懸命に努力し公演、稽古を続けておりますと決意を示しています。

木場健之さんが宝塚歌劇団の理事長になったのが2021年であるため、

コロナは蔓延して、多くのライブなどのエンターテインメントが中止になっていた年です。

そんな大変な時に木場健之さんが理事長となるということは大変な時期ではあったものの、

長く宝塚音楽学校や宝塚歌劇団を支えてきた方なので、

なんとか持ち直して今の宝塚歌劇団があるのではないかと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

宝塚歌劇団の理事長である木場健之さんの経歴について調査をしていきました。

長年宝塚を支えていた方が理事長になるということはとても心強いことですよね。

一層の宝塚歌劇団の成長に期待ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました